Blog WorldShoppingBIZブログ

【WSBIZ Report】英語圏在住者4,800名対象、SNSとEC利用時の情報収集に関する調査

2021.07.15 /
BIZlog

WorldShopping BIZを運営するジグザグにて越境ECを利用する海外ユーザーの消費動向を調査するため、グローバルリサーチを実施しました。

 

今回は、英語圏のユーザー4,800名を対象に行った「SNSとEC利用時の情報収集方法」に関するアンケートの結果をご紹介します。

 

目次

  1. スマホ・TVの利用率は高く、紙媒体離れが進む
  2. Facebookのアカウント保有率が約8割、メッセージングはWhatsAppやSnapchat
  3. InstagramやPinterest、TikTokなど若者は画像・動画SNS利用率が高い傾向
  4. 欲しいものを探すのは検索エンジン79.2%、公式サイト63.9%

 

利用デバイス:全体

インターネット調査による英語圏在住者4,800名を対象に「普段利用するデバイス」を調査しました。

 

1位は「スマートフォン」で92.2%、次いで「TV」で80.2%、「PC」は49.7%、「tablet」は47.0%となりました。紙媒体の「新聞」「雑誌」は2割以下にとどまりました。

 

利用SNS:全体

アカウントを持っているSNSでは「Facebook」、「YouTube」、「Instagram」がいずれも半数以上となりました。登録した個人やグループに向けて画像などを投稿する「SnapChat」は42.6%、単尺動画の「TikTok」は37.9%、メッセージアプリの「WhatsApp」は36.7%となりました。

 

WorldShoppingBIZ越境EC海外ユーザー調査SNS

利用SNS:年代別

利用しているSNSを年代別で分析すると、大きく違いが見られたのは「Instagram」や「Snapchat」「TikTok」などで、画像や動画を中心としたアプリは19〜29歳の利用率が高い様子が伺えました。

 

「Facebook」では年代差は大きく見られず、広い世代に利用されていることがわかります。

WorldShoppingBIZ越境EC海外ユーザー調査SNS年代別

情報収集方法:全体

「欲しいものがあったときにどのように検索をするか」を調査しました。最も多かったのは「検索エンジン」で79.2%、次いで「公式サイト」で63.9%となりました。

 

「その他」と回答した人からは以下のような回答があがりました。

 

・店舗/スーパーマーケット(look in the retail shop / supermarket)
・カタログ(Catalogues)
・可能な限り、店舗へ足を運ぶ(actually looking at the possible purchase in a shop)
・ブログやレビューサイト(Blogs and specialized product review websites)
・ラジオやビルボード、TV(ads on radio; billboards; and TV)
・検索エンジン(Reddit)
・検索エンジン(Duck duck go)
・商品比較動画(Product comparison videos)
・YouTubeのレビュー(YouTube reviews)
・レビューサイト(customer review sites)
・モール(Amazon)

 

「店頭へ足を運ぶ」、「直接店舗に行く」という意見が散見されました。また、動画のレビューを参考にしているという声も見られました。他にも利用者のプライバシーの保護を運営方針としている「DuckDuckgo」やコメントを残して情報交換ができる「Reddit」が利用検索エンジンとして挙がりました。

 

以上、「ユーザーアンケート調査の結果」をご紹介しました。

 

「海外販売を始めたい」「販路拡大に海外展開を考えている」「越境ECが気になっている」というEC事業者の方はこちらより資料請求が可能です。

 

調査概要

調査期間:2021年5月28日~5月31日
実施方法:インターネット調査(Syno Japan株式会社/ Syno グローバルリサーチ)
調査対象:19~59歳、男女、英語圏在住者(US/UK/CA/AU)
回収件数:4,800サンプル
    (US=1,677/UK=1,034/CA=1,048/AU=1,041)

資料請求・お申し込みはこちらから

資料請求 お申し込み