Blog WorldShoppingBIZブログ

海外販売に挑戦!「モールで越境販売」と「自社で越境販売」その違いは?

2022.01.25 /
ウェブインバウンド

ECサイトで国境を超えた商取引をする「越境EC」が急成長を遂げています。

参入を検討している事業者の中には、どんな形で越境ECを始めようか迷っている方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、越境ECの主要な方法である「モール型ECサイトを利用する方法」「自社ECサイトを使う方法」の違いについて解説します。

 

越境ECのはじめかた。まずは大きく分けて2つのパターンをご紹介

越境ECの主な始め方として、モール越境と自社越境の2種類の方法があります。

 

モール越境」は、ショッピングモールのように複数店舗が出品しているモール型ECサイトで出品し、海外ユーザーに商品を販売する方法のこと。こちらをさらに細かく分けると、「海外ECモールに出店する方法」「海外販売機能を備えた国内ECモールに出店する方法」の2つがあります。

 

自社越境」は、自社でECサイトを構築して海外に向けて販売する方法のこと。海外サーバーや独自ドメインを用意し、相手先国の主要言語を用いたサイトで海外ユーザーに向けて商品を販売します。サイトを作る方法は、「ゼロからシステムを構築する方法」「ECサイト作成に適したソフトを使う方法」「ネットワークアプリケーションを使う方法」などがあります。

 

 

モール越境と自社越境の比較

モール越境と自社越境の異なるポイントは「ユーザーのニーズ」「集客」「コスト」の3つに分けられます。それぞれのポイントで比較してみましょう。

 

①ユーザーのニーズ

モール型ECサイトには複数のお店の商品が掲載されているため、特定の商品を探しているユーザーは多くありません。複数の店舗を閲覧し、より安価で高品質なものを求めているユーザーもいるでしょう。一方、自社ECサイトの場合は、具体的に欲しいものがある人が訪問してきます。モール越境と自社越境では、ユーザーの持つニーズは大きく異なるといえます。

 

②集客

モール越境の場合、モール自体に知名度があれば自然とユーザーが集まります。そのため、自社で集客する必要はありません。一方、自社越境の場合は自社でプロモーションに取り組む必要があります。海外での知名度が低い場合、特に力を入れる必要があるでしょう。海外のSEOやマーケティングに関する正確な知識・技術を身につけておかなければなりません。

 

③コスト

モール越境は自社越境に比べ、導入にかかるコストが少なく済みます。しかし、売上手数料やサイト使用料などがかかるため、運用には多くのコストがかかるでしょう。自社越境の場合は、自社ECサイトを構築する際の初期費用にコストが大きくかかります。一方、売上手数料などはかからないため、運用にかかるコストは抑えられます。

 

異なるポイント(始め方、リソース、リスク)

上記のほか、モール越境と自社越境で異なるポイントについて解説します。

 

異なるポイント①始め方

モール越境の場合は出店したいECモールを選び、申請が受理されれば、すぐに越境ECを始められます。必要な機能はモール側で用意されているため、商品登録するだけで販売開始できます。

 

自社越境の場合、まずは海外ユーザー向けのサイト作りに長けた自社スタッフ、あるいは業者に依頼しサイトを構築する必要があります。

 

異なるポイント②リソース

モール越境では新しい商品を追加するなどの業務が発生する程度で、通常業務を大きく圧迫することはほとんどないでしょう。ただし、海外のECモールを利用している場合は商品情報入力やユーザーとのやり取りの際に相手国の言語が必要になるため、翻訳にリソースが割かれます。翻訳サービスが備わっている場合もありますが、あくまで機械的な翻訳である場合が多いです。伝えたい情報を正確に翻訳する際は、言語に長けた社内スタッフ、あるいは外部スタッフの協力が必要です。

 

自社越境の場合は、サイトの構築、翻訳に大きくリソースが割かれます。サイトがオープンしてからも発送業務や、システムのアップデートなどの手間がかかるでしょう。マーケティングや宣伝にも、コストがかかります。

 

異なるポイント③リスク

モール越境では、信頼できるモールに出品している場合はリスクは少ないといえます。ユーザーとコミュニケーションを取る際に言語の使い方を誤らない限り、大きなトラブルに発展することは考えにくいでしょう。

一方、自社越境では自社でシステムを管理する必要があるため、システムが不具合を起こさないように管理を徹底する必要があります。

 

 

モール越境、自社越境に関わらず、発送業務には細心の注意が必要です。発送に関する手続きや梱包にミスがあると、きちんと届かなかったり商品が破損してしまったりしてしまい、クレームにつながる可能性があります。

 

気軽に越境ECを始めたい場合は購入代行サービスも検討してみては!?

モール越境と自社越境にはそれぞれ違いがあり、どちらが良いとは一概にいえません。

 

それぞれにメリット・デメリットがあるため、越境ECを始める際は両者を比較し、自社にあった方法を導入する必要があります。

 

自社のECサイトをすでに持っていて越境ECを始めたい方は、購入代行サービスを利用する方法もあります。購入代行とは、海外ユーザーの注文を業者が代行するサービスのことです。

WorldShopping BIZでは、購入代行のサービスを提供しています。専用のタグ1行をホームページ内に設置していただくだけで、自社ECサイトを越境ECサイトに対応させることができます。

 

海外ユーザーから注文が入ればWorldShopping BIZが購入を代行するため、事業者は商品をWorldShopping BIZの国内倉庫に発送するだけ。あとはWorldShopping BIZが海外ユーザーに発送を行います。

 

越境ECを始めたい方は、ぜひご検討ください。

 

 

「WorldShopping BIZ」:資料請求はこちらから可能です。

 

「WorldShopping BIZ 少人数制 定期オンラインセミナー」
毎週【火曜日11:00~】と【木曜日15:00~】の2回制にて
少人数制の無料ウェビナーを開催しています。

インタラクティブ形式で、個別のご質問や運用面での悩みにもしっかりお答えします!
ご興味がある方はこちらからお申し込みください。

 

執筆者
kashimura

資料請求・お申し込みはこちらから

資料請求 お申し込み