Blog WorldShoppingBIZブログ

越境ECと関税 (前編)

2021.12.10 /
BIZlog

越境ECは、ネットを通じて海外の商品を購買できる電子商取引サービスです。市場は拡大傾向にあり、参入を考える事業者も少なくありません。一方、越境ECを始める際には、国内展開とは異なる点を考慮する必要があります。その一つが「関税」です。

 

関税は国ごとに異なり、法改正により内容が大きく変わってしまいます。今回は、関税と越境ECの関わりについて詳しく解説します。

 

そもそも関税とは

関税とは、海外から商品を輸入する際にかかる税のことです。海外から安い商品が大量に輸入され、国内製品が売れなくなってしまうことを防ぐ目的で課せられています。関税の種類は、大きく分けて下記の4種類です。

 

・商品の価格に比例して課せられる「従価税

・数、重さ、容積に応じて課せられる「従量税

・従価税と重量税が合わさった「混合税

・WTOの協定で定められた「不当廉売関税」「相殺関税」などの「特殊関税

(特殊関税は、輸入する国の産業を極端に脅かすほど安価の商品が輸入される場合に発生します。通常の関税とは別に納めなければなりません)

 

越境ECにおいては、ほとんどのケースで購入者が関税を支払います。関税に詳しくない消費者のためにも、サイト上に商品の関税見込み額を提示しておくと親切でしょう。一定金額までは免税となるケースもありますが、それ以外の場合は購入者が負担する必要があります。このことをサイト内に明記しなければなりません。

 

注意すべきポイントは、国によってかかる品目や税率が異なるということです。国の法改正に伴い、大きく内容が変更されることもあります。ECサイトを運営する事業者は、関税に関する最新情報を把握することが欠かせないでしょう。

 

各国の関税事情について、中国/米国

中国では、主に商品の価格に比例する「従価税」が用いられます。中国には保税区と呼ばれるものがあり、輸送した商品を保税区内に一時保管すると、注文が入らない限り課税されません。消費者から注文があり、配送が確定した時点で関税が課されます。なお、越境ECにかかる税率は一般貨物にかかるものより低く設定されています。

 

米国では輸入商品の数、重量、体積といった「輸入量」と「輸入価格」をもとに税率が設定されており、輸入者自身が自己申告で納税します。また、品目ごとに「従価税」と「従量税」、それら二つを組み合わせた「混合税」が定められています。

 

品目は「HTSコード」と呼ばれる10桁のコード番号によって管理されています。かかる税について調べたい場合は、HTSコードを調べましょう。

 

 

越境ECを始めるなら、相手国の関税事情に精通しよう

越境ECではターゲットとなる国の商習慣、トレンドを押さえておく必要があります。関税は、特に気をつけておくべきポイントでしょう。国によって事情が異なり、法改正もあるため注意深くチェックしなければなりません。

 

しかし、関税に関する知識を常に把握するのは難しいもの。手続きにも手間がかかります。例えば、中国では越境ECとして商品を輸出する際、事前に商品リストを中国当局に提出しなければなりません。そこでおすすめなのが、WorldShopping BIZです。WorldShopping BIZでは、輸出作業の代行サービスを提供しております。

 

サービス利用に際して必要なのは、自社のECサイトへの専用タグ設置のみです。タグの設置だけで、自社ECサイトが越境ECに対応可能になります。海外から注文が入れば、WorldShoppingの国内倉庫に商品を送るだけでOK。WorldShoppingが輸出作業を代行し、海外ユーザーへ商品が発送されます。

 

越境ECの参入を考えられている事業者の方は、ぜひ導入をご検討ください!

 

 

「WorldShopping BIZ」:資料請求はこちらから可能です。

 

「WorldShopping BIZ 少人数制 定期オンラインセミナー」
毎週【火曜日11:00~】と【木曜日15:00~】の2回制にて
少人数制の無料ウェビナーを開催しています。

インタラクティブ形式で、個別のご質問や運用面での悩みにもしっかりお答えします!
ご興味がある方はこちらからお申し込みください。

執筆者
kashimura

資料請求・お申し込みはこちらから

資料請求 お申し込み