WorldShoppingBIZ 導入事例

BRICK HOUSE by 東京シャツ/ファッション通販

BRICK HOUSE by 東京シャツ

今後の海外進出を見据えたテストマーケティングに

WorldShoppingBIZ導入で購入国など需要動向をウォッチ

BRICK HOUSE by Tokyo Shirts、SHIRTS PLAZA、TOKYO SHIRTS等、シャツ専門店として国内最多の190店を展開する「東京シャツ」は、2019年10月17日に創業70周年を迎えられました。老舗シャツメーカーが作り出す、家庭でも洗濯ができる形態安定加工のシャツは、日本のビジネスパーソンのみならず、越境ECでも世界各国から指名買いされています。今回は公式通販サイト「BRICK HOUSE by 東京シャツ」のお話を中心に、WorldShoppingBIZの導入経緯や海外販売の取り組みについて、担当者様にお話を伺いました。

社名
東京シャツ株式会社
事業内容
紳士・婦人用品の製造及び販売
カテゴリー
ファッション
設立
1949年10月
URL
https://shop.e-shirt.jp

今後の海外進出を見据えたテストマーケティングに WorldShoppingBIZ導入で購入国など需要動向をウォッチ

[お話を伺った方]
E-Commerce部門 副部門長 加藤翔太 様
  • BRICK HOUSE by 東京シャツ/ファッション通販 様の課題
    • 国内実店舗に来店される観光客の旅後のネットインバウンド需要や、今後の海外出店を見据えたテストマーケティングとして、最適な越境サービスを探していた。
    • システムやオペレーションの変更などを伴わずに、手軽に始められることが重要条件だった。
  • WorldShoppingBIZ導入によって得られた効果
    • JavaScriptタグ1行挿入するだけという、数十分の社内工数のみで越境EC対応が実現できた。
    • サービス導入初月からオーダーが入り、その後もコンスタントに売上をあげている。

まずは、事業について教えていただけますか

加藤様) 当社は駅ビルやショッピングセンターを中心に全国190店舗を展開するシャツ専門店です。2019年に創業70年を迎えます。創業当初は製造卸業でしたが、1997年からSPAに業態変更しています。主に形態安定加工でノーアイロンのワイシャツを主力商品とし、その他にネクタイやカフスリンク等の小物を取り扱っています。メインとなるお客様層は40~50代のビジネスパーソンになります。

 

公式通販サイト「BRICK HOUSE by 東京シャツ」は、運営開始して7年目になります。ECの販売戦略の立案からささげ(撮影・採寸・原稿)業務まで、社内のE-Commerce部門が担っています。今年は店舗会員とEC会員のID統合によるCRMの基盤づくりや、越境EC開始など、複数プロジェクトが走っている状況です。

E-Commerce部門 副部門長    

加藤翔太 様

それでは、海外販売をはじめようと思ったきっかけを教えてください

加藤様) 店舗に訪日観光客、いわゆるインバウンド来店が増加していることもあり、今後の海外出店も含め海外戦略を見直しているところでした。このような状況で、越境ECではどれくらい需要があるのかWorldShoppingBIZを介してテストマーケティングをしてみようということになりました。

 

実は前職で越境ECに取り組んだ経験があり、WorldShoppingBIZとも協業していたので、サービスとその効果について分かっていた、というのがそもそものきっかけになります。もちろん社長含めた経営陣に、WorldShoppingBIZを導入するメリットについて説明したわけですが、低コスト・短期間で越境ECのテストマーケができることに加え、サービス導入後も『社内のシステムやオペレーションフローを一切変更する必要がない』というのが特に良いと判断されました。

逆にWorldShoppingBIZ導入にあたって、困ったことはありましたでしょうか

加藤様) 困ったことはなかったと思います。当社側の作業はJavaScriptタグ1行の挿入だけでしたので、時間にすれば数十分程度。社内の作業工数が圧倒的に低いのは、導入しやすかったポイントです。

 

お客様から支持される「形態安定加工シャツ」はデザインも豊富

実際にWorld Shopping BIZを使ってみていかがでしたか

加藤様) 越境EC対応を開始して数日後には、英国や香港からオーダーが入りました。サービス導入して数か月経ちますが、毎月コンスタントに売上が立っているのでやって良かったと思っています。もちろん国内ECの売上と比べれば、まだまだ母数は小さいのですが、購入国・点数・アイテム等の情報* をマーケティングデータとして自社の海外戦略に活かせるので、非常に価値が高いと思います。

* 各種購入情報のフィードバックは、オプションサービスになります。

 

最後にWorld Shopping BIZに期待することはありますか

加藤様) 個別の取り組みも進化していけるといいなと考えています。例えば、弊社のインバウンド売上比率が高い店舗で、WorldShoppingBIZのチラシを配布することを計画しています(10月中旬より予定)。これによって、帰国後、弊社サイトへどのくらい訪問者があるか計測していきたいと思っております。

また、WorldShoppingBIZの導入サイトが増えていらっしゃるので、他社サイトに訪問されている海外ユーザーに対して、当社のサイトを紹介していただくことが出来ると、需要の掘り起こしに繋がるのではないでしょうか。それから、マイページ機能等が拡充されれば、他店で購入した商品と当社の商品を同梱発送が実現でき、お客様にとっては送料を抑えることが出来るので、便利になるのではないでしょうか。そのためにもWorldShoppingBIZのサービスやブランドの強化に期待しています。

加藤様、ご協力ありがとうございました。
※ページ上の各種情報は、取材時(2019年9月時点)のものです

インタビュー一覧へ

最短1日で、海外販売をスタートする

サービスのお申込み・ご相談はこちらのかんたん入力フォームよりご連絡ください

資料請求